Top >  キャッシングの金利 >  キャッシングの金利計算

キャッシングの金利計算

キャッシングする際の金利の表示は、「実質年率」で表示しなくてはなりません。

ではこの実質年率とは何のことでしょう?

実質年率とは、実際にかかる年間の利息の事です。
注意が必要なのは、利息は15%だけど書類作成費や手数料が別途必要な場合はこの15%に加えその他諸費用も金利としてみなされることです。


実際のキャッシング金利の計算方法

【実質年率29.2%で50万円借りた場合】

500,000円×29.2%= 146000円

このように、元金が一切減らない場合の利息は単に金額に金利(実質年率)をかけるだけです。

【同じく、50万円を実質年率29.2%で借りて10日間で全額返済した場合】

500,000円×29.2%÷365日×10日=4000円

まず、50万×29.2%で年間の金利が出ます。
これは年間ですので一日当たりは365日で割ることで出ます。

10日間での返済ですので365で割った一日あたりの金額を10を掛けて10日分にすれば計算ができます。


モビット

プロミス

武富士

キャッシングの金利

関連エントリー

キャッシングの金利計算 元利金等返済


キャッシングの情報

キャッシングの金利

運営者・リンクについて

関連リンク